古いPC(HDDモデル)を速くするには【HDDからSSDに移行するだけ】

スマホ/PC

こんにちは、あろっちです。

HDDモデルのPCは、HDDをSSDにするだけで随分と速度が変わります。
僕の場合、iMac(21.5-inch,Late 2013)の1TB Fusion Drive(HDD)モデルを使っていますが、仮想デスクトップでWindows10を動かしたりすると使いものにならないくらい速度が遅く、なんとかならないかとようやくSSD化したのが2020年5月、それまでは、我慢しながらもHDDのまま使っていました。

環境をSSDにすることで実行速度が劇的に改善しました。これまで何で我慢して使ってたんだという後悔すら覚えました。

この記事は、そんな実体験から書こうと思った記事になります。

スポンサーリンク

SSDについて(SanDisk PortableSSD)

僕が選んだSSDはこれです。

SanDisk Extreme PortableSSD 1TB(エコパッケージ)

iMacの場合、接続の選択肢としてUSB 3.0しかなかったため、ポータブルタイプのSSDとしました。
選定のポイントとして3点
・容量をHDDと同じ1TBに
・USB 3.0接続という条件でコストを抑える
・ブランド(SanDisk)に信頼をおいた

SanDisk PortableSSD 1TBにはモデルが3つあります。まとめたものがこちら。

ポータブルSSDモデルパッケージ保証期間読み出し速度(最大)
Extreme PortableSSD通常/エコ3年550MB/秒
PortableSSDエコ3年520MB/秒
Extreme PortableSSD V2エコ5年1050MB/秒

※2021年4月16日追記
Extreme PortableSSDについて、通常パッケージ(一番左)の方が安いという逆転が起こっています。

SanDisk ポータブルSSD 1TB(Amazon)

PortableSSDは2020/12販売開始の新モデルでExtreme PortableSSDより安価になっています。性能はほとんど同じように見えます(30MBの差)。
Extreme PortableSSD V2は、読み出し速度が高速なモデルで、それなりにお高い価格設定になっています。保証期間も5年となっています。

付属のケーブルは短かかったため、Anker PowerLine IIを別途購入し、こちらで接続しています。

付属のケーブルでの接続(SSD本体が浮いてしまう。)
Anker PowerLine IIでの接続(現在)

実測データ

iMac上で計測した実測データを公開します。

実測データに使ったソフト
Black Magic Disk Speed Test (macOS Catalina、Windows10)

計測時の設定はデフォルト(データボリューム5GB)

macOS Catalina

macOS Catalinaの計測結果

Windows10 (Parallels仮想デスクトップ環境)

Windows10(Parallels仮想デスクトップ環境)の計測結果

macOS Catalinaがネイティブと考えるとWindows10は仮想デスクトップ環境のオーバーヘッドがあるのが読み取れます。
いずれにしても、カタログスペックに近い値は出ているのかなと思っています。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
あろっち

元ITエンジニア
エンジニア時代は大手企業などでSE・プログラマを経験してきました。

当ブログでは、経験や日々の暮らしの中で、興味があること、役に立ちそうなこと、気になったことを発信していきます。

IT関係(技術的な内容もあります) / スマホ・PC / ガジェット / 生活に役立ちそうなこと ... etc

あろっちをフォローする
スマホ/PC情報
スポンサーリンク
あろっちをフォローする
あろしーど

コメント

タイトルとURLをコピーしました