Macのローカル環境でPNG画像を圧縮したりExif情報を削除する方法

Mac

こんにちは、あろっちです。

今回は、PNG画像をローカル環境で圧縮したりExif情報を削除するためのコマンドについて書きます。
当ブログでは、PNG画像の圧縮やExif情報の削除をWordPressのCompress JPEG & PNG imagesプラグインに任せている状態でしたが、月間のリミットに到達したためローカルで行うこととしました。

以前、記事にしたHomebrewを使います。

HomebrewですのでmacOSからターミナルを開いてコマンドで作業していきます。
ちなみに、コマンドでも難しくはないですよー。

スポンサーリンク

PNG画像圧縮

PNG画像圧縮は、pngquantというコマンドツールを使います。

Homebrewでpngquantをインストールします。

$ brew install pngquant

PNG画像の圧縮は、次のコマンドで行います。

$ pngquant --ext .png --force --speed 1 {任意のパス}/*.png

{任意のパス}/*.pngの箇所は圧縮したい任意のパス、ファイルを指定します。
*.pngで現在パス(カレントディレクトリ)上に存在するすべてのpngファイルが対象となります。

Finderやデスクトップから圧縮したいファイルをターミナルにドラッグ&ドロップで、ファイルパスを入力することもできます。

なお、こちらのコマンドではオリジナル画像の上書きとなりますので、上書きしたくない時は、
–forceオプションを外します。

画像のExif情報を削除する

exiftoolというコマンドツールを使います。

Homebrewでexiftoolをインストールします。

$ brew install exiftool

Exif情報の削除は、次のコマンドで行います。

$ exiftool -overwrite_original -all= {任意のパス}/*.png

-all= の後ろにはスペース1つ入れます。

圧縮同様、{任意のパス}/*.pngにExif情報を削除したいファイルを指定します。jpgも指定できます。

オリジナル画像を残したいときは、-overwrite_originalオプションを外します。

バッチ(シェルスクリプト)にする

PNG画像圧縮とExif情報削除をまとめて実行するシェルスクリプトはこんな感じです。

#!/bin/sh
pngquant --ext .png --force --speed 1 $@
exiftool -overwrite_original -all= $@

これをコピーしてエディタに貼り付けて、適当な名前で保存します。例えば、png.shとか。

実行するためには、実行権限をつけます。
これは、1回実行すればOKです。

$ chmod +x png.sh

使用方法は次の通り。

$ ./png.sh {任意のパス}/*.png

これを実行するだけで、まとめてPNG画像圧縮&Exif情報削除できるので楽チンです。

まとめ

ローカル環境で素早く画像圧縮、Exif情報を削除するのにコマンドは便利ですね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
あろっち

元ITエンジニア
エンジニア時代は大手企業などでSE・プログラマを経験してきました。

当ブログでは、経験や日々の暮らしの中で、興味があること、役に立ちそうなこと、気になったことを発信していきます。

IT関係(技術的な内容もあります) / スマホ・PC / ガジェット / 生活に役立ちそうなこと ... etc

あろっちをフォローする
ITMac
スポンサーリンク
あろっちをフォローする
あろしーど

コメント

タイトルとURLをコピーしました