WizFi360-EVB-Pico【WIZnet】を試してみました【Arduino使用】

Raspberry Pi/電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、あろっちです。

Raspberry Pi Pico Wの登場でRP2040(Raspberry Pi Pico)にいよいよWi-Fiが搭載されるようになりましたが、これ以前にWIZnetからWizFi360-EVB-PicoというWi-Fiモジュールが搭載されたRaspberry Pi Pico互換ボードが販売されています。

こちらを入手したのでご紹介したいと思います。

WizFi360-EVB-Pico | WIZnet Document System
WizFi360-EVB-Pico made for prototyping and testing Wifi capabilities on RP2040

マルツオンラインで入手しました。

本記事ではArduino(C/C++)で試してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特徴

  • Raspberry Pi Pico互換ボード

  • Wi-Fiモジュール WizFi360-PA搭載

  • リセットボタン搭載
MCURP2040 デュアルコア ARM Cortex M0+プロセッサ、最大動作周波数 133 MHz
フラッシュメモリ2MB
GPIO26(ピン配列はRaspberry Pi Picoと互換)

Wi-Fiモジュール WizFi360-PAについて

WizFi360 | WIZnet Document System
Overview

いわゆる技適取得済みのWi-Fiモジュールになります。

概要PCBアンテナ

IEEE802.11 b/g/n
SoftAP、Station、SoftAP+Stationモード(※)をサポート
シリアルポートボーレート 最大2Mbps


SoftAP(ソフトウェアアクセスポイント)
→サーバー(ルーター)として振る舞うモードです。
Station
→クライアントとして振る舞うモードです。
技適について工事設計認証番号: 022-190204

箱のQRコードから製品ページにアクセスできます。
以下リンクから確認できます。
WizFi360 > DataSheet
ページ内の「J-MIC(TELEC)」の以下のリンクをクリックする
WizFi360-PA Certification (工事設計認証書(pdf))
箱にQRコードが記載
こちらから製品ページを参照できます

WizFi360-PA

技適マークが確認できます

RP2040搭載ボードまとめ記事(参考サイト)

ピン配列

ギャラリー

Raspberry Pi Picoにはなかったリセットボタンがあります

ピンのシルク印刷が確認できます

今回はピンヘッダーではなくロングピンソケットを実装してみました。

USBマスストレージモード

BOOTボタンを押した状態で、リセットボタンを押すと、USBマスストレージモード(RPI-RP2)になります。

USBマスストレージモードの時に、PCからMicroPythonやCircuitPythonのファームウェアなどがインストールできます。

MicroPythonやCircuitPythonのファームウェアのインストール方法は、以下の記事を参考にしてください。

Raspberry Pi Picoのファームウェアを使用できます。

Arduino IDEの設定

  • Arduino IDEにボードを追加
    ※実施済みの場合、この手順は不要です。

事前にRaspberry Pi Pico/RP2040ボード(earlephilhower版)を追加します。
追加方法は、以下の記事をご覧ください。

  • Raspberry Pi Pico/RP2040ボードのインストール

[ツール] > [ボード] > [ボードマネージャ]をクリックし、検索ボックスに「rp2040」と入力し、[Raspberry Pi Pico/RP2040]ボードをインストールします。

  • ボードの選択

[ツール] > [ボード] > [Raspberry Pi RP2040 Boards(Ver)] > [WIZnet WizFi360-EVB-Pico]を選択します。

  • シリアルポートの選択

[ツール] > [シリアルポート]からWizFi360-EVB-Picoが接続されているシリアルポートを選択します。

Chromebookなどシリアルポートから書き込みできない環境の場合、手動でスケッチを書き込みできます。

WizFi360ライブラリのインストール

ダウンロード

WizFi360-EVB-Pico用のライブラリは以下(GitHub)にあります。

https://github.com/Wiznet/WizFi360_arduino_library/tree/WizFi360-EVB-Pico

Code > Download ZIPからZIPファイルをダウンロードします。

インストール

Arduino IDEの

スケッチ > ライブラリをインクルード > .ZIP形式のライブラリをインストール…

をクリックします。

ダウンロードしたZIPファイルを選択するとインストールできます。

サンプルプログラム(Arduinoスケッチ)

スケッチ例

Arduino IDEの ファイル > スケッチ例 > WizFi360 のスケッチをいくつか試してみます。

ConnectWPA

スケッチ例ConnectWPAを開きます。

以下の箇所(Wi-Fi情報)を接続先Wi-Fi情報に書き換えてスケッチを書き込みます。

/* Wi-Fi info */
char ssid[] = "wiznet";       // your network SSID (name)
char pass[] = "0123456789";   // your network password

シリアルモニターから接続先Wi-Fiの情報が確認できます。

シリアルモニター画面

WebServerAP

スケッチ例WebServerAPを開きスケッチを書き込みます。

WizFi360-EVB-PicoがWebServerになっているので接続してみます。

  • スマホ(iPhone)での接続例

Wi-Fiからwiznetをタップします。

パスワードに「0123456789」を入力し「接続」をタップします。

wiznetの情報(iマークをタップ)を開くとIPアドレス(ルーター)が「192.168.36.1」であることが分かります。

ブラウザからhttp://192.168.36.1にアクセスすると以下のように表示されます。

ブラウザChrome使用例

またArduino IDEのシリアルモニターには以下のように表示されます。

WizFi360-EVB-Picoの
シリアルモニター画面

まとめ

Raspberry Pi Picoにはなかったリセットボタンが追加されWi-Fiが使えるのはいいですね。

※スケッチ例は追記予定です。

RP2040搭載ボードまとめ記事(参考サイト)

当ブログのマイコン記事です。ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました