Chromebook(Chrome OS)でRaspberry Pi OSをインストールする方法

Chromebook

こんにちは、あろっちです。

ChromebookでRaspberry Pi OSのイメージをSDカードやUSBメモリなどの外部ストレージにインストールできないかと、試行錯誤していましたが、本家のサイトにあっさりとインストール手順がありましたので、こちらの手順を事例を交えて紹介していきたいと思います。

Raspberry Pi Documentation - Getting Started
The official documentation for Raspberry Pi computers and microcontrollers

なお、Raspberry Pi Imagerのインストール自体は、Crostini(Chrome OSのLinux開発環境)上にできましたが、外部ストレージを認識できなかったため、こちらは現状使えないという結論に至っています。

スポンサーリンク

インストール環境

インストール環境をご紹介します。

Chromebook
ASUS Chromebook Detachable CM3

このChromebookはType-Cポートが1ポートのみ搭載のため、以下のようなType-C用のドッキングステーションで拡張します。

Raspberry Pi OSをインストールする先は、USBメモリとします。
※SDカードでの事例も追記しました。2021年6月8日
いよいよ、 エヴァ弐号機 USBメモリを使います。

接続するとこんな感じです。
ドッキングステーションに接続しているType-Cケーブルは、Chromebookの給電用です。

インストール手順

ChromebookからRaspberry Pi OSのイメージをインストールするには、ChromebookリカバリユーティリティというChrome拡張機能を使います。

未インストールの場合は、インストールします。

Chromebook リカバリ ユーティリティ
Chromebook のリカバリ メディアを作成します。

ChromebookリカバリユーティリティからRaspberry Pi OSをインストールするには、あらかじめOSイメージのzipファイルを用意します。

今回は、Raspberry Pi OS with desktopのイメージをダウンロードしました。
ファイル名は、2021-05-07-raspios-buster-armhf.zipです。

以下のリンクよりインストールしたいOSのzipファイルをダウンロードできます。

Operating system images – Raspberry Pi
The Raspberry Pi is a tiny and affordable computer that you can use to learn programming through fun, practical projects. Join the global Raspberry Pi community...

では、インストールしていきます。
まず、ChromeからChromebookリカバリユーティリティを起動します。

右上の赤枠で示した歯車のボタンをクリックします。

[ローカルイメージを使用]をクリックします。

この後、OSイメージを選択するダイアログが表示されますので、OSイメージのzipファイルを選択します。今回は、2021-05-07-raspios-buster-armhf.zipを選択。

画像のように書き込み先(今回はUSB Drive)が選択されている状態で[次へ]をクリックします。

USB Driveの中身は、すべて削除される旨が表示されます。
[今すぐ作成]をクリックします。

作成中です。リカバリイメージの作成中という表現ですが、実際は、zipファイルのイメージが入ります。

完了画面です。[完了]をクリックし、USBメモリを取り出します。

実際に起動するか、試してみましょう。
その前にRaspberry PiをUSBブートに設定しておく必要があります。
設定方法については、以下の記事をご覧ください。

Raspberry PiにUSBメモリをセットして電源を入れると、

このように起動できました。うまくいったようです。初回起動なので、セットアップダイアログ(Welcome to Raspberry Pi)が表示されていることが確認できますね。

SDカードでも試してみました

Raspberry Pi 4Bは、SDカードから起動して使うのが標準ということで、こちらでも試してみました。

使用するSDカードはこちら。

ドッキングステーションにセットしたところ。

インストール手順およびインストールOSイメージ(zipファイル)は、先のUSBメモリの例と同様です。

[USBフラッシュドライブまたはSDカードの挿入]画面。

今回のChromebookの環境では、SDカードが画像のように[USB Drive]と表示されましたので、こちらを選択。

インストール完了後、SDカードをRaspberry Piにセット。

Raspberry Piの電源を入れ、しばらくすると、

無事起動できました。初回起動時のセットアップダイアログ(Welcome to Raspberry Pi)が確認できますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ChromebookからRaspberry Pi OSをインストールしたいという場合に使えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
あろっち

元ITエンジニア
エンジニア時代は大手企業などでSE・プログラマを経験してきました。

当ブログでは、経験や日々の暮らしの中で、興味があること、役に立ちそうなこと、気になったことを発信していきます。

IT関係(技術的な内容もあります) / スマホ・PC / ガジェット / 生活に役立ちそうなこと ... etc

あろっちをフォローする
ChromebookRaspberry Pi/電子工作IT
スポンサーリンク
あろっちをフォローする
あろしーど

コメント

タイトルとURLをコピーしました