Raspberry Pi Zero 2 W 体験記

Raspberry Pi/電子工作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、あろっちです。

Raspberry Pi Zero 2 Wを入手したので試していきたいと思います。

パッケージに技適マーク(シール)が確認できます
スポンサーリンク
スポンサーリンク

準備

ケース

AliExpressでお安めのケースを見つけたので、ものは試しということで購入してみました。

コネクタ類

こちらもお安めのアダプターキットをAliExpressで発見し購入してみました。
Micro USB OTGケーブル、ミニHDMI変換コネクター、ピンヘッダーが含まれています。

今回、ピンヘッダーは実装していませんが、いざ実装しようと思った時に使えそうです。

取り付けてみました

ヒートシンクとケースを取り付けてみました。

コネクタ側
GPIO側
SDカードコネクタ側
カメラコネクタ側

コネクタ類を接続してみました。

Micro USB OTGケーブルにUSBハブを繋げて複数のデバイスを接続できるようにしています。

電源類はこんな感じです。

USBハブにセルフパワー用電源をUSBから供給できるように2コネクタのUSBアダプターを使ってみました。

USBアダプターはダイソーのこちら商品です。

Raspberry Pi Imager

Raspberry Pi用メディア作成定番ツールですね。

SDカードにRaspberry Pi Zero 2 W用のイメージを書き込んでいきます。

初期画面

Raspberry Pi OS

Raspberry Pi OS Lite 32bitを書き込んでみました。

OSから「Raspberry Pi OS(other)」を選択します。

「Raspberry Pi OS Lite(32-bit)」を選択します。

エミュレーター

OSから「Emulation and game OS」を選択します。

OS選択画面
エミュレーター選択画面

Recalbox編

「Recalbox – Raspberry Pi Zero 2」を選択します。

RetroPie編

「RetroPie 4.8 (RPI 2/3/Zero 2 W)」を選択します。

イメージの書き込み

OSと書き込み先のストレージ(SDカード)を選択後「書き込む」をクリックします。

Raspberry Pi OS Lite(32-bit)書き込み例
Recalbox書き込み例

「はい」をクリックすると書き込みが始まります。

書き込み中

書き込み終了

RetroPieでPC-98を動かしてみました【Raspberry Pi Pico USBオーディオDAC使用】

RetroPieで知人が制作したオリジナルゲームを動かしてみました。

オーディオをRaspberry Pi Pico USBオーディオDACから出力しているのがポイントです。

今回マイコンをRaspberry Pi Picoではなくジェネリック互換機YD-RP2040で再生できるか試してみました。
DACプログラムは「pico_1bit_dac_HR2.uf2」(Interface 2022年9月号 ラズパイPico DAC[完全版]の製作〈第7回〉分解能16倍&処理時間1/4! 音量処理の最適化)を使っています。

YD-RP2040でも見事にオーディオ再生できました。

配線は以下のようにしました。
スピーカーはダイソー(300円)のもので裏側のボリューム調整つまみでボリュームを調整できます。

スピーカーのボリュームつまみを操作して音量を変えているところがこちら

実際にスピーカーから音が出ているか分かりづらいかと思い撮影してみました

YD-RP2040とRaspberry Pi Pico(参考サイト)

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました