Raspberry Pi Picoの初期設定【MicroPython・CircuitPythonファームウェアインストール手順】

Raspberry Pi/電子工作

こんにちは、あろっちです。

Raspberry Pi Picoでは、MicroPython、CircuitPython、C/C++のプログラムを実行することができます。

本記事は、MicroPython、CircuitPythonのファームウェアインストール手順とRaspberry Pi Picoのフラッシュメモリをリセットする方法を紹介します。

MicroPythonとCircuitPythonのファームウェアは、それぞれ異なります。
Raspberry Pi Picoをどちらの環境にするかは予め決めておきましょう。

C/C++での開発については、VS CodeとArduino IDEを使用した環境構築の記事を書いていますので、よろしければご参照ください。

スポンサーリンク

MicroPythonの初期設定(UF2ファイルのインストール)

MicroPythonページ(以下リンク)を開きます。

Raspberry Pi Documentation - MicroPython
The official documentation for Raspberry Pi computers and microcontrollers

downloadble UF2 file」もしくは「MicroPython UF2 file」をクリックしてUF2ファイルをダウンロードします。

「BOOTSEL」ボタンを押した状態でRaspberry Pi PicoをPCに接続します。

PCがRaspberry Pi PicoをUSBマスストレージ(RPI-RP2)として認識しますので、「BOOTSEL」ボタンから手を離し、ダウンロードしたUF2ファイルをRaspberry Pi Picoのフォルダにドラッグ&ドロップします。

Raspberry Pi Picoが再起動し(PCからは自動的に接続解除され)、MicroPythonが使えるようになります。

ちなみに、MicroPythonでインベーダーゲームを再現した記事を書いていますので、よろしければご参照ください。

CircuitPythonの初期設定(UF2ファイルのインストール)

以下のリンクからCircuitPythonのページを開きます。

CircuitPython - Pico Download
The Raspberry Pi foundation changed single-board computing when they released the Raspberry Pi computer, now they’re ready to do the same for microcontrollers w...

以下の画面より「DOWNLOAD .UF2 NOW」をクリックしてファイルをダウンロードします。

「BOOTSEL」ボタンを押した状態でRaspberry Pi PicoをPCに接続します。

PCがRaspberry Pi PicoをUSBマスストレージ(RPI-RP2)として認識しますので、「BOOTSEL」ボタンから手を離し、ダウンロードしたUF2ファイルをRaspberry Pi Picoのフォルダにドラッグ&ドロップします。

Raspberry Pi Picoが再起動し(PCからは自動的に接続解除され)、CircuitPythonが使えるようになります。

以下の記事では、CircuitPythonを使ったことをしています。

Raspberry Pi Picoのフラッシュメモリをリセットする方法

Raspberry Pi Picoのフラッシュメモリをリセットする方法を紹介します。

以下のサイト(公式)にアクセスします。

Raspberry Pi Documentation - Raspberry Pi Pico
The official documentation for Raspberry Pi computers and microcontrollers

Resetting Flash memory(以下の画像参照)の「Download the UF2 file」のリンクからUF2ファイル(flash_nuke.uf2)をダウンロードします。

「BOOTSEL」ボタンを押した状態でRaspberry Pi PicoをPCに接続します。

PCがRaspberry Pi PicoをUSBマスストレージ(RPI-RP2)として認識しますので、「BOOTSEL」ボタンから手を離し、ダウンロードしたUF2ファイル(flash_nuke.uf2)をRaspberry Pi Picoのフォルダにドラッグ&ドロップします。

フラッシュメモリの内容が初期化(リセット)されます。

リセットされた状態のRaspberry Pi PicoをPCに接続すると、自動的にUSBマスストレージ(RPI-RP2)として認識されます。

まとめ

Pythonは、UF2ファイル(ファームウェア)をインストールすることで、使える状態となります。

あとは、ThonnyなどのIDEからプログラムをRaspberry Pi Picoに保存したり、プログラムを実行したりできるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました